マーチンゲール法とは?

メリットとデメリット、およびパーレー方法との組み合わせ。

「マーチンゲール法」に関する記事へようこそ!ここでは、この人気のあるギャンブル戦略の明確でシンプルな説明を提供します。また、メリット、デメリット、そしてパーレー法との組み合わせ方についても学ぶことができます。経験豊富なギャンブラーでも初心者でも、この記事はあなたに役に立つ知識を提供し、マーチンゲール法を用いて的確な意思決定をサポートすることを目指しています。

マーチンゲール法とは何ですか?

マーチンゲールは、負けを追いかける原則に基づく魅力的なベッティング戦略です。このメソッドでは、負けを経験した場合に賭け金を倍にして一回の勝利で前の損失を取り戻すことを目指します。まるで大金をかけた追い上げゲームのようであり、各賭けが財産を回復するための近道にもなります。流れを自分の有利な方へ引き寄せるという想像は魅力的ですが、マーチンゲール法は重大なリスクや潜在的な資金の変動につながる可能性があるため、慎重な検討が必要であることも覚えておいてください。

 

マーチンゲール法のメリット

メリット1. ルールがシンプル

マーチンゲール法はシンプルさが大きな特徴です。その基本原則は、負けた後に賭け金を倍にすることであり、初心者でもオンラインカジノで容易に理解して適用することができます。Winners Investmentsやモンテカルロのような複雑なベット法とは異なり、マーチンゲール法は追加の道具や計算を必要とせず、頭の中で計算できます

メリット2. 迅速な損失回復

マーチンゲールの注目すべき利点の一つは、一回の勝利で素早く損失を回復できる可能性があるという点です。連敗後に賭け金を倍にすることで、次の勝利は前の損失をカバーするだけでなく、純粋に利益を生み出します。この特徴は、迅速な回復と失った資金を短期間で取り戻す機会を求める人々にとって、この上なく魅力的です

メリット3. 長期的な損失の可能性の低減

マーチンゲールは、勝率が50、例えばイーブンマネーベットのゲームでよく使用されます。数学的な観点から見ても、これは連敗が続く確率が大幅に減少することを意味します。連敗の回数が増加するにつれて、損失が継続する可能性は指数関数的に減少します。プレーヤーは、連敗が続く可能性が著しく低いことを知ることで安心感を得て、そこに到達する前に勝利を獲得することがよくあります。

ゲーム回数 連敗の確率 勝率
負けの確率 50% 50%
2連敗する確率 25% 75%
3連敗する確率 12.5% 87.5%
4連敗する確率 6.25% 93.75%
5連敗する確率 3.125% 96.875%
6連敗する確率 1.563% 98.437%
7連敗する確率 0.78% 99.22%
8連敗する確率 0.40% 99.6%
9連敗する確率 0.20% 99.8%
10連敗する確率 0.10% 99.9%

メリット4. ゲームへの多様な適用性

マーチンゲール法は、ルーレット、ブラックジャック、バカラなど、さまざまなカジノゲームに適用することができる汎用性があります。この柔軟性により、プレイヤーは異なるゲーム構造やベットタイプに合わせて戦略を調整することができます。ルーレットで特定の結果を倍増する場合でも、ブラックジャックで賭け金を調整する場合でも、マーチンゲール法でならさまざまなゲームシナリオに合わせてカスタマイズできるため、幅広いプレーヤーにとって便利なメソッドです。

 

メリット5. 長期的な安定的な収益性

慎重な実施と効果的な資金管理により、マーチンゲール法は時間の経過とともに一貫した利益をもたらすことができます。一度の勝利で損失を回復するコンセプトを活用することにより、プレイヤーは資金の着実な増加を目指すことができます。ただし、システムの限界を認識し、気をつけることも重要です。長期的な連敗やテーブルの制限に達すると、大きな資金の変動が生じる可能性があります。したがって、現実的な期待と責任あるギャンブルの考え方を持ってマーチンゲール法に取り組むことが不可欠です。

なお、どのベット戦略も完全な成功を保証するものではなく、責任あるギャンブルを常に実践することが大切です。マーチンゲール法の利点と限界を理解することで、情報を基にした意思決定を行い、カジノにおける成功の可能性を最大限に引き出すことができます。

マーチンゲール法のデメリット

マーチンゲールは、ベッティング戦略の分野で魅力的な利点を提供していますが、どのシステムにも欠点があることを認識しておくことが重要です。このセクションでは、マーチンゲールの潜在的な欠点を検討し、慎重な考慮が必要な側面にフォーカスしてます。これらの制限を理解することで、プレイヤーは情報を基に選択を行い、システムの潜在的なリスクについて包括的な理解を深めることができます。マーチンゲールには現実的な期待をもって取り組むことが重要であり、責任あるギャンブルの実践して意思決定を行うことが重要です。ここからは、マーチンゲールに伴うデメリットについて掘り下げ、効果的な実施に役立つ貴重な洞察を提供します

デメリット1: 利益の拡大が制限される

明らかな利点にもかかわらず、マーチンゲールには利益の可能性に関する欠点があります。一度の勝利で損失を回復できる一方で、全体的な利益の成長は遅い場合があります。連勝ごとに得られる利益はわずかであり、短期間で大きな資金の増加を望むプレイヤーには適していません。さらに、このシステムは主に損失の回復に焦点を当てており、利益の最大化ではないため、以前に失われた金額を取り戻すのが困難となる場合があります

デメリット2: 十分な資金の必要性

マーチンゲールを効果的に実施するためには、相当な資金が必要となってきます。この戦略では、損失後に賭け金を倍増させるため、プレイヤーは徐々に増加する賭け金に対応するため十分な資金を持っている必要があります。また、テーブルの上限額が高いゲームの選択も重要となりますが、それに伴い最低ベット金額も比較的高くなる可能性があります。そのため、限られた資金を持つプレイヤーの場合このメソッドの要件に適応したゲームに参加することが難しい場合があります

デメリット3: 賭け金の増加に伴う心理的負担

マーチンゲールは賭け金を段階的に増やす構造を提案しており、それによりかなりの心理的な負担が生じる可能性があります。賭けるたびに損失が増えることで、大きな財務上の損失の可能性がより明確になります。この心理的なプレッシャーはストレスや不安、感情的な負担を引き起こし、カジノゲームの総合的な楽しみに悪影響を及ぼし、意思決定能力にも影響を与える可能性があります。プレイヤーは、このような状況下で冷静かつ合理的な心構えを維持することが難しいと感じるかもしれません

デメリット4: テーブルの上限に達するリスク

マーチンゲール関する大きなリスクとして、カジノが設定したテーブル上限達する可能性もあります。連続した損失後、ベット金額が指数関数的に増加するため、プレイヤーはあっという間に最大許容ベットに到達してしまい、ベットを倍にし続けることができなくなる可能性があるのです。この制限により、メソッドを一つのゲーム内で完全に実施することが難しくなり、プレイヤーの損失の回復や目標の達成が妨げられる場合があります

デメリット5: 成功が保証されない

マーチンゲール法を含むどのベットシステムも、一貫した成功を保証することはできないことを認識することが重要です。損失を最小限に抑え、一度の勝利でそれらを回復することを目指しているにもかかわらず、予期せぬ事態や統計的な異常、長期にわたる連敗が発生する可能性があり、大幅な資金変動や潜在的な損失につながることも否定できません。プレイヤーはマーチンゲールに現実的な期待を持ち、リスクを理解し、損失限度額の設定や資金管理などの責任あるギャンブルを心がける必要があることを認識しなければなりません

これらのデメリットを利点とともに注意深く評価することで、プレイヤーは特定のゲームの嗜好、資金状況、リスク許容レベルに対して、マーチンゲールの適用性と適切性について情報を得て、明確な判断を下すことができます。

 

マーチンゲール法の使い方

    1. 最初の賭け金額を決定する: 最初のゲームでいくらベットするかを決めます。この金額は自分の資金の範囲内であるべきです
    2. 賭ける: マーチンゲールが適用可能なカジノゲーム(例: ブラックジャックやルーレット)を選びます。赤/黒、奇数/偶数、または高/低などの勝率が50%のベットに焦点を当てます。
    3. 次の賭けで前回の賭け金額を倍にする: 賭けに負けた場合、次の賭けで前回の賭け金額を倍にします。この戦略は、一度の勝利で損失を回収することを目指しています。
    4. 負けた場合は継続して倍にする: 連続的な敗北が続く場合、次のゲームでも賭け金額を倍にして継続します。この手順は、勝利が得られるまで続きます。
    5. 勝利した場合は最初の賭け金額に戻る: ゲームに勝利したら、最初の賭け金額に戻ります。この最初の賭け金額が利益となります。
    6. プロセスを繰り返す: マーチンゲール用いてプレイを続け、負けた後は賭け金額を倍にし、勝利した後は最初の賭け金額に戻ります。設定した制限や資金管理を忘れずに行いましょう

    マーチンゲールに適したカジノゲーム:

    1. ブラックジャック: /黒、奇数/偶数、または高/低などのベットに焦点を当てます。
    2. ルーレット: /黒、奇数/偶数、または高/低などのベットを行います。

    マーチンゲールの効果的な使用のためのヒント:

    1. 十分な資金: マーチンゲールを効果的に利用するためには、増加する賭け金額を支えられる十分な資金が必要です。
    2. 優れた資金管理スキル: 資金を賢く管理し、事前に設定した制限を守る能力は、このメソッドの潜在的な利点を最大限に引き出すために重要です。
    3. 感情のコントロール: 敗北が続いても冷静かつ合理的な判断を続けることが重要です。衝動的な決定を避けるために、感情的にならずに冷静さを保つ能力が求められます。

    マーチンゲールの利用を避けるべき要素:

    • 不十分な資金: マーチンゲール法では連続的な賭け金の増加伴うため、十分な資金がない場合にはこのメソッドを使用することができません。
    • 感情的な影響: 勝ち負けが感情や意思決定に大きく影響する場合、感情的な緊張や衝動的な行動につながる可能性があるため、マーチンゲール法は適さない可能性があります。
    • 短絡的な利益の追求: マーチンゲール法は忍耐と長期的なアプローチを必要とする戦略であり、短期間で利益を得たいというプレイヤーには向いていません

    ルールを理解して適切なゲームを選択し、効果的な戦略を採用して個人的な要因を考慮することで、プレイヤーはマーチンゲール法が自分の個々の状況やギャンブルの好みに適用できるかどうか、情報に基づいた決定を下すことができます。

 

ルーレットにおけるマーチンゲール法のシミュレーション

このセクションでは、ルーレットにマーチンゲール法を用いた場合のシミュレーションを行います。マーチンゲール法は、賭け金が連敗後に倍増されるベット戦略です。10回のゲームのシミュレーションを通じて、この方法の効果と結果について検証します

シミュレーションでは、各ゲームの賭け金額、結果(勝ちまたは負け)、獲得した配当、累積の利益または損失など、詳細な情報が提供されます。このシミュレーションの結果を分析することで、ルーレットでマーチンゲール法を使用する際の結果や潜在的なリスクについて洞察を得ることができます。

シミュレーション結果の包括的な概要については、提供された表をご参照ください。

ゲーム 賭け金 (¥) 結果 還元 (¥) 利益/損失 (¥)
1 100 勝利 200 +100
2 100 敗北 0 -100
3 200 勝利 400 +100
4 100 敗北 0 -100
5 200 勝利 400 +100
6 100 敗北 0 -100
7 200 敗北 0 -200
8 400 勝利 800 +200
9 100 敗北 0 -100
10 200 勝利 400 +100

このシミュレーションでは、基本の賭け金として100円からスタートします。敗北するたびに次のゲームでは賭け金を倍にし、勝利後には基本の賭け金額に戻ります。配当は勝利ベットに対する支払いを表しています。利益/損失の列は、各ゲーム後の全体的な資金結果を示しています

以下に各ゲームの詳細を示します:

  • ゲーム1100円を賭けて勝利しました。配当は200円であり、利益は100円です。
  • ゲーム2100円を賭けて敗北しました。配当はなく、損失は100円です。
  • ゲーム3:賭け金を200円に増やして勝利しました。配当は400円であり、利益は100円です。
  • ゲーム4100円を賭けて敗北し、100円の損失が発生しました。
  • ゲーム5:賭け金を200円に増やして勝利しました。配当は400円であり、利益は100円です。
  • ゲーム6100円を賭けて敗北し、100円の損失が発生しました。
  • ゲーム7:賭け金を200円に増やして敗北し、200円の損失が発生しました。
  • ゲーム8:賭け金を400円に増やして勝利しました。配当は800円であり、利益は200円です。
  • ゲーム9100円を賭けて敗北し、100円の損失が発生しました。
  • ゲーム10:賭け金を200円に増やして勝利しました。配当は400円であり、利益は100円です。

このシミュレーションは、ルーレットにおけるマーチンゲール法に基いたベットの進行とそれに伴う利益と損失を示しています。

なお、これはあくまで説明目的の仮想的なシミュレーションです。マーチンゲール法には固有のリスクがあり、現実の結果は異なる場合があります。ギャンブルには責任を持って取り組み、適切な損失限度額を設定することが重要です。

 

シミュレーション2:5勝5敗

このシミュレーションでは、10回のルーレットゲームにマーチンゲール法を適用してみますゲーム開始時の賭け金は¥100で、このメソッドでは敗北した後には賭け金を倍にし、勝利した後には基本の賭け金額に戻します。5連勝の後に5連敗のパターンを観察し、連勝後に連敗が続く場合の影響を評価します。表の分析により、各ゲームの賭け金額、結果、配当、累積利益または損失を調べ、ルーレットにおけるマーチンゲール法の進行と経済的な結果について洞察を得ることができます

ゲーム番号 掛け金 勝敗 配当 収益
ゲーム1 ¥100 勝利 ¥200 ¥100
ゲーム2 ¥100 勝利 ¥200 ¥100
ゲーム3 ¥100 勝利 ¥200 ¥100
ゲーム4 ¥100 勝利 ¥200 ¥100
ゲーム5 ¥100 勝利 ¥200 ¥100
ゲーム6 ¥100 敗北 - -¥100
ゲーム7 ¥200 敗北 - -¥300
ゲーム8 ¥400 敗北 - -¥700
ゲーム9 ¥800 敗北 - -¥1500
ゲーム10 ¥1600 敗北 - -¥3100

このシミュレーションでは、ゲームの前半(ゲーム1から5)は連続して5回の勝利があり、累積利益は¥500となります。しかし、シミュレーションの後半(ゲーム6から10)では5連敗が続き、累積損失は¥3,100となります。全体的に見ると、このシミュレーションの結果は¥2,600の損失となります

この詳細な表は、賭け金額、結果(勝利または敗北)、配当(勝利した賭けの支払い)、および各ゲーム後の累積利益または損失の情報を提供し、ルーレットにおけるマーチンゲール法の包括的な概要を示しています。

 

シミュレーション3: 1勝 9敗

マーチンゲールを使用した9連敗の例を見てみましょう。このシミュレーションでは、初回の賭け金1,000円に設定します

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益
1回目 ¥1,000 x ¥0 -¥1,000
2回目 ¥2,000 x ¥0 -¥3,000
3回目 ¥4,000 x ¥0 -¥7,000
4回目 ¥8,000 x ¥0 -¥15,000
5回目 ¥16,000 x ¥0 -¥31,000
6回目 ¥32,000 x ¥0 -¥63,000
7回目 ¥64,000 x ¥0 -¥127,000
8回目 ¥128,000 x ¥0 -¥255,000
9回目 ¥256,000 x ¥0 -¥511,000
10回目 ¥512,000 ¥1,024,000 ¥513,000

このシミュレーションでは、9連敗を経験しましたが、10回目のゲームで勝利し、初回の賭け金から1,000円の利益を獲得しました

ただし、シミュレーション2と同様に、実際のゲームでのテーブル制限を考慮することが重要です。

初めの賭け金額1,000円と控えめでしたが、10回目のゲームではベット額が500,000円を超えました。賭け金額の急速な増加はマーチンゲールの特徴であり、注意が必要です。

注:この表は説明目的のためであり、実際の結果を表しているわけではありません。

 

マーチンゲール法は制限されていますか?

マーチンゲール法は一部の実店舗カジノで制限される場合があります。ただし、カードカウンティングとは異なり、ほとんどの実店舗カジノでは規制が緩く、ルーレットやブラックジャックなどのゲームでマーチンゲール法を使用することができます

同様に、オンラインカジノでは一般的にマーチンゲール法は禁止されていません。利用規約には通常、システムベットに関する具体的な規制はなく、自由に利用することができると言えます。

マーチンゲール法を試してみるには、利用可能な入金不要ボーナスを最大限に活用しましょう。

注:異なる単語を使用することで、テキストを完全に繰り返さずに、同じ意味を伝えることができます。

 

マーチンゲール法の重要なポイント

    1. 資金管理: マーチンゲールを使用する際には、資金管理に細心の注意を払うことが重要です。このベッティング戦略では、連敗後に賭け金を倍にしていきます。例えば、1,000円の資金があり、まず初めに100円を賭けた場合、次の賭け金は200円、400円、800円と増えていきます。このようなプログレッシブな賭けのパターンを維持するために、十分な資金を確保してください。十分な資金がないと、勝利を得る前に資金を使い果たす可能性があります
    2. リスク評価: マーチンゲール法は、一度の勝利で損失を回復する可能性があります。しかし、この戦略に関するリスクを評価すること重要です。まず、カジノで設定された最大テーブル上限額を考慮してください。一部のテーブルでは10,000円などの低い上限額で設定されている場合があります。テーブル上限額に達した場合、連敗が続いていてもマーチンゲールを継続することはできません。したがって、この戦略を実施する際にはテーブル上限額に注意が必要です
    3. 感情のコントロール: マーチンゲールを利用する際には、感情のコントロールを保つことが重要です。連敗を経験することは精神的に厳しいものです。冷静さを保ち、欲望や挫折からくる衝動的な判断を避けることが重要です。ギャンブルは楽しむものであり、冷静な姿勢で取り組むことが大切です。
    4. 制限と分散性: マーチンゲール法における制限を理解してください。このメソッドは損失からの回復が短期間で可能な一方で、長期的な成功を保証するものではありません。各ギャンブルゲームには分散性、つまり予測のバラツキという固有の要素があり、連敗のリスクを完全に排除することはできません。マーチンゲールには現実的な期待を持ち、安定した勝利を得るためにこの戦略のみに依存しないようにしてください。

    : 提供される情報はマーチンゲールを理解するための一般的なガイダンスです。個々の経験は異なる場合があり、責任あるギャンブルの実践に常従う必要があります。

 

マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせ

マーチンゲール法を活用する際に興味深いアプローチとして、このメソッドをパーレー法と組み合わせる方法があります。パーレー法は、ゲームに勝利した場合に賭け金を倍にするベッティング戦略で、マーチンゲール法とは対照的な手法です

マーチンゲール法は、勝利が得られた場合に最初の賭け金が利益となることを保証していますが、一方、パーレー法は負けが発生した場合に勝利金がリセットされ、最初の賭け金が損失となります。

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益 システムベッティング
1回目 ¥1,000 ¥0 ¥2,000 パーレー法
2回目 ¥2,000 ¥0 ¥4,000 パーレー法
3回目 ¥4,000 ¥0 ¥8,000 パーレー法
4回目 ¥8,000 x ¥0 -¥1,000 パーレー法
5回目 ¥1,000 x ¥0 -¥2,000 パーレー法
6回目 ¥2,000 x ¥0 -¥4,000 マーチンゲール法
7回目 ¥4,000 x ¥0 -¥8,000 マーチンゲール法
8回目 ¥8,000 x ¥0 -¥16,000 マーチンゲール法
9回目 ¥16,000 x ¥0 -¥32,000 マーチンゲール法
10回目 ¥32,000 ¥64,000 ¥0 マーチンゲール法

これらの二つのメソッドを組み合わせることによって、パーレー法によって発生した損失をマーチンゲール法で補うことができます。以下に、マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせた具体例をご紹介します。

注: 提供されている表は説明を目的としており、実際の結果を反映していない場合があります。

 

進化した3倍マーチンゲール法のご紹介

従来のマーチンゲールに加えて、3倍マーチンゲールという進化したバージョンが存在します。この改良版を使うことで、従来のメソッドに比べて収益性の向上を図ることができます

3倍マーチンゲールの特徴は、リスクプロファイルが高く、成功した時に大幅な利益が得られる可能性がある点にあります。より大胆なこの戦略を採用することで、より高い収益性を得られる可能性を広げることができます。

 

3倍マーチンゲール法の利点

  1. 損失の迅速な回復: 3倍マーチンゲール法の主な利点の一つは、一度の勝利で損失を迅速に回復できることです。負けるたびに賭け金額を増やすことで、勝利時の払戻金も大きくなります。これにより、それまでの損失を一気に取り戻すだけでなく、さらに利益を得ることも可能となります。3倍マーチンゲールは、損失を利益に変える迅速な方法を提供します
  2. 大幅な利益の可能性: 3倍マーチンゲールは、高リスク・高リターンの原則に基づいています。多くのベッティング戦略の場合、利益は小額であることがほとんどですが3倍マーチンゲール法では大幅な収益を生み出す可能性があります。一度の賭けの成功で、数百円の範囲の利益が得られることも珍しくありません。このメソッドでは増幅される賭け方に重点を置いているため、驚くべき成果につながる可能性があります
  3. 連敗による利益の増加: 3倍マーチンゲールのもう一つの利点は、連敗が増えるほど、潜在的な利益が大きくなるという点です。負けるたびに賭け金額が増加するため、その後の勝利は累積した損失を相殺し、かなりの利益を生み出す効果を持っています3倍マーチンゲール法のこの漸進的な性質により、特に連敗が続いている場合大きな利益をもたらす可能性を秘めています。

なお、3倍マーチンゲール法にはこのような利点がある一方で、責任あるギャンブルの実践とこのメソッドに伴うリスクについて常に注意を払っておくことも大切です

 

3倍マーチンゲール法の欠点

3倍マーチンゲールには先述したような利点がありますが、資金条件やそれに伴うリスクなど、いくつかの欠点も存在します

  1. 高い資金条件: 3倍マーチンゲール法は、負けるたびに賭け金額を3倍にするという原則に基づいています。そのため、連敗が積み重なるにつれて、賭け金額は急速に増加していきます。例えば、初回の賭け金額が1,000円で、10連敗した場合、賭け金額は次のように増加します:

ご覧の通り賭け金額は序盤では徐々に増加しますが、5回目のゲーム以降、急速に増加します。6回目のゲームでは賭け金額は30万円を超え、テーブルの上限に達してゲームを終了しなければならなくなる場合があります。そのため、3倍マーチンゲールを維持するためには十分な資金が不可欠であり、ハイローラー向けのテーブルを選択することをお勧めします

ゲーム回数 賭け金 累計損益
1 ¥1,000 -¥1,000
2 ¥3,000 -¥4,000
3 ¥9,000 -¥13,000
4 ¥27,000 -¥40,000
5 ¥81,000 -¥121,000
6 ¥243,000 -¥364,000
7 ¥729,000 -¥1,093,000
8 ¥2,187,000 -¥3,280,000
9 ¥6,561,000 -¥9,,841,000
10 ¥19,683,000 -¥29,524,000
  1. 高いリスクが伴う: 3倍マーチンゲール法は性質を持っていハイリスクという特徴があります。大きな利益が得られる可能性がある一方で、連敗が続いた場合に大きな損失をもたらす可能性もあるのです賭け金額の急激な増加は、数回のラウンド内に望ましい勝利が得られなかった場合、あっという間に資金を使い果たしてしまいかねませんこうした3倍マーチンゲール法に関連する潜在的なリスクを認識し、慎重に評価することが重要です。

3倍マーチンゲール法を使用する際には、リスクを軽減するためにも責任あるギャンブルの実践と適切な資金管理を遵守する必要があります

 

3倍マーチンゲール法のプレイ方法

3倍マーチンゲール法は、2倍のペイアウト構造を持つゲームで効果的に利用できる興味深い戦略です。このメソッドを効果的に使ってプレイするための手順を見ていきましょう

ステップ1適切なゲームの選択 3倍マーチンゲール法は、2倍のペイアウト率を提供するゲームで最も効果を発揮します。コイントスや一部のサイコロゲームなど、50%の確率で結果を予測できるゲームを探しましょう。ゲームが3倍マーチンゲール法の原則に合致していることを確認してから進んでください。

ステップ2初回の賭け金の決定 初回の賭けに賭ける金額を決めます。例えば、初回の賭け金を1,000円にしたとしましょう

ステップ3メソッドの実践 最初のゲームでは、初回の賭け金として1,000円を賭けます。もし勝利した場合は、おめでとうございます!利益を得たので、同じ賭け金で続けるか、新しいサイクルで再スタートするかを選択することができます。

しかし、もし負けた場合、3倍マーチンゲール活用する機会の到来です。次のゲームで、前回のベットを3倍に増やすのです。この場合、2回目のゲームのベットは3,000円になります。

ステップ4メソッドの継続 3倍マーチンゲール法に従い、連敗した後には賭け金3倍に増やし続けます。もし再び負けた場合、次のゲームでは前回の賭け金を3倍に増やした金額を賭けます。

ステップ5損失の回復と利益の獲得 3倍マーチンゲール法の利点は、1回の勝利で損失を回復し、利益を生み出す可能性があることです。勝利を収めたら、賭け金を初回1,000円に戻し、メソッドの手順を再スタートします。

例えば、連敗を経験し、5回目のゲームに到達したとします。この時の賭け金243,000円です。仮にこのゲームに勝利した場合、486,000円のペイアウトを受け取り、これまでの損失をすべて回収した上で、さらに243,000円の利益を獲得できます。

ステップ6注意と制限の設定 3倍マーチンゲール法は魅力的なメソッドですが、他のベッティング戦略と同様にリスクも伴うため、注意を払い、制限を設定しておくことが重要です。予算を決め、損失の限界を設定し、テーブルの上限額にも注意しましょう。テーブルの上限額このメソッドを継続できるか否かに影響を与える可能性があります。

責任を持ってギャンブルを行い、プロセスを楽しみつつ、結果が必ずしも保証されないことを忘れないでください。

これらの手順に従い、ゲームに3倍マーチンゲール法を活用した戦略的な賭けを行うことで、損失を回復し、利益を生み出すことができます。

 

3倍マーチンゲール法シミュレーション | ルーレット

ここでは、赤と黒のルーレットにおける3倍マーチンゲール法を使用したシミュレーションを紹介します。シミュレーションは日本円で行われます

シミュレーション1:勝利6回と負け4回

ルーレットでの勝敗の割合がわずかに有利で、勝利率が60%、敗北率が40%となる場合のシミュレーションを行ってみましょう。初回の賭け金を¥1,000とします

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益
1回目 ¥1,000 ¥2,000 ¥1,000
2回目 ¥1,000 x ¥0 ¥0
3回目 ¥3,000 ¥6,000 ¥3,000
4回目 ¥1,000 ¥2,000 ¥4,000
5回目 ¥1,000 x ¥0 ¥3,000
6回目 ¥3,000 ¥6,000 ¥6,000
7回目 ¥1,000 ¥2,000 ¥7,000
8回目 ¥1,000 x ¥0 ¥6,000
9回目 ¥3,000 x ¥0 ¥3,000
10回目 ¥9,000 ¥18,000 ¥12,000

このシミュレーションでは、6回の勝利と4回の負けがありました。シミュレーションの終了時の累積利益は¥12,000です

3倍マーチンゲール法では、勝利を達成した場合、大きな勝利が得られる可能があります。このシミュレーションでは、3回目と6回目のゲームでその効果が見られます。後に続くゲームで負けても、累積された利益によって損失を回復し、大きな利益を生み出すことができています

勝利回数が負けた回数よりも多い場合、3倍マーチンゲール法によって利益が得られる機会は増えます。したがって、勝率が60%で2倍のペイアウトを持つルーレットゲームにおいては、3倍マーチンゲール法を使うことは有益な結果をもたらす可能性があります。

 

シミュレーション2:1勝9敗

次に、3倍マーチンゲール使用して9連敗した場合のシミュレーションを行ってみましょう。このシミュレーションでは、初回の賭け金1,000円と仮定します

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益
1回目 ¥1,000 x ¥0 -¥1,000
2回目 ¥3,000 x ¥0 -¥4,000
3回目 ¥9,000 x ¥0 -¥13,000
4回目 ¥27,000 x ¥0 -¥40,000
5回目 ¥81,000 x ¥0 -¥121,000
6回目 ¥243,000 x ¥0 -¥364,000
7回目 ¥729,000 x ¥0 -¥1,093,000
8回目 ¥2,187,000 x ¥0 -¥3,280,000
9回目 ¥6,561,000 x ¥0 -¥9,841,000
10回目 ¥19,683,000 ¥39,366,000 ¥9,842,000

このシミュレーションでは、9連敗に遭遇しましたが、10回目のゲームで勝利を収めることができ、利益を得ることができました。3倍マーチンゲール法の特徴の一つは、連敗が続くほど、1回の勝利時の利益が大きくなることです。この例では、9連敗したにもかかわらず、10回目のゲームで一度勝利しただけで9,842,000円の利益が得られました

ただし、このシミュレーションでは、初回の賭け金1,000円だったのが、10回目のゲームでは19,683,000円という非常に高い金額になりました。したがって、十分な資金を持っていない場合にはこの3倍マーチンゲール法を用いるのは難しいかもしれません。

前述のように、3倍マーチンゲール法を利用する際には、資金注意を払い、テーブルの上限額を考慮することが重要です。

マーチンゲール法はどんなカジノゲームで使えますか?

マーチンゲール法は、ルーレット(奇数/偶数、赤/黒、高/低)やブラックジャックなどのダブルペイアウトゲームに適しています。これらのゲームでは勝率が50%です。しかし、ルーレットのコラム、ダズンベット、ポーカー、またはオッズが異なるゲームには向いていません

マーチンゲール法は誰が利益を得ることができますか?

マーチンゲールは特別な資格やスキルは必要ありません。一定の資金を持つ人なら誰でも使用することができます

マーチンゲール法の名前の由来は何ですか?

この用語の由来についてはいくつかの説がありますが、一般的にはフランス南部のマルティーグ地方に由来すると考えられています。マルティーグの人々がギャンブルで「ダブルプッシュ」戦略を使用して損失を被ったことから、マーチンゲールと名付けられたと言われています

マーチンゲール法はスポーツベットにも適用できますか?

はい、マーチンゲールはスポーツベットや競馬にも使用することができます。ただし、スポーツベットのオッズはルーレットやブラックジャックのように固定されているわけではありません。スポーツベットでマーチンゲール法を使用する場合は、2倍前後のオッズ(1.72.3倍)を狙うことをおすすめします

マーチンゲール法を使用する際の主な注意事項は何ですか?

効果的な資金管理は考慮すべき重要な要素です。マーチンゲール法では、連敗が賭け金額を急速に倍増させる結果となります。予め決めた予算を超えないよう、責任ある資金管理を実践することが重要です。エスカレートする賭けに巻き込まれることを避けるためにも、慎重な資金管理が必要です

マーチンゲール法には制約はありますか?

マーチンゲール法は、ダブルペイアウトゲームとバランスの取れた勝率の存在に依存しています。トリプルペイアウトやオッズの異なるゲームには適していない場合もあります。また、テーブル上限額にも注意が必要であり、マーチンゲール法の適用が制限される場合もあります

マーチンゲール法はルーレットでどのように機能しますか?

ルーレットでは、マーチンゲール法はイーブンマネーベット(例:赤/黒、奇数/偶数)の連敗後に賭け金額を倍増させることを提案しています。この戦略は、一度の勝利でそれまでの損失を取り戻し、加えて小さな利益を獲得することを目指しています

 

 

マーチンゲール法は一貫した勝利を保証できますか?

マーチンゲールは損失の回復に効果的な場合もありますが、連勝を保証するものではありません。ギャンブルの結果は本質的に不確定であり、マーチンゲール法の成功はバランスの取れた勝率と慎重な実行力に依存します

マーチンゲール法は長期間の使用に適していますか?

マーチンゲール法は主に短期間の使用を想定しており、損失の迅速な回復を目指しています。このメソッドを長期間にわたって使用することは、リスクが高くなる可能性があり、長期的なギャンブル戦略には適していない場合もあります

マーチンゲール法に類似した他のベッティング戦略はありますか?

マーチンゲール法は数多くの人気のあるベッティング戦略の一つです。他の注目すべき戦略としては、フィボナッチ法、ダランベール法、ラブシェール法などがあります。それぞれの戦略には独自の原則とバリエーションがあり、賭け金の管理や損失の最小化に対する異なるアプローチを提供しています