バーネット法

バーネット法は、コンピューターを利用してルーレットのボールがどこに着地するかを予測するシステムです。このメソッドは、イギリスのギャンブラー、デイビッド・バーネット氏によって開発されました。システムでは、隠されたコンピューターを使用してボールとルーレットの回転速度を計算し、ボールが着地する位置を予測します。

バーネット法(1326)の理解安定した利益を追求する守備的な戦略

バーネット法(1326法)、またはバーネット・ロウは、安定した利益を得ることを目的としたシベッティング戦略です。このメソッドは、イギリスのギャンブラーであるデビッド・バーネット氏によって開発され、ルーレットのボールの着地位置を予測するために隠しコンピュータを活用します。

他の積極的なベッティング戦略とは異なり、バーネット法は守備的なアプローチを採用しており、著しいリスクを伴わずに一貫したリターンを追求することを目指しています。隠しコンピュータがボールとルーレットの回転速度を計算し、結果を予測することで、プレイヤーは情報をもとにして、より確かな賭けを行えます。

バーネット 法は従来のベッティング戦略とは異なり、データと確率に基づいた計算された意思決定をプレイヤーに提供します。このアプローチは、慎重で戦略的なギャンブルを好む方に魅力的な選択肢となります。

一貫した利益と最小限のリスクに重点を置いているバーネット法は、より洗練された情報に基づいたベッティング戦略でゲーム体験を向上させたいプレイヤーに向いています。ただし、隠しコンピュータの使用を含むこのメソッドの技術的な側面を理解し、適用するカジノの規則と合致することが重要です。これにより、プレイヤーはバーネット法を最大限に活用し、ルーレットでの成功の可能性を高めることができるでしょう。

 

バーネット法の利点

リスクが限られている

バーネット法(または1326)は、リスクが低いという性質で特に際立っています。連敗に対しても固定された賭け金(例:¥100で賭けるため、損失の拡大を抑えることができます。この魅力的な特徴により、これから初心者が安定した戦略を探してギャンブルを始める際には、ストレスの少ない経験をすることができます。

連勝を利用する

バーネット法を取り入れることで、連勝の成果を最大限に生かすことができます。連勝するにつれて利益が徐々に増加するので、連敗の際の損失も相殺することができます。そのため、プレイヤーは自信を持ってゲームプレイを延長することができ、全体的な利益を保持することができます。

柔軟性と適応性

バーネット法の柔軟性は、もう一つの大きな利点です。元々はルーレットに関したこの戦略の概念は、単純なベッティングシナリオを持つ他のさまざまなゲームに巧妙にも適用することができます。その柔軟性はプレイヤーの可能性を広げ、多様なカジノゲーム体験において魅力的な選択肢を提供しています。

バーネット法を使うことにより、プレイヤーは最小限のリスクと最大限の利益獲得可能性で慎重に構築されたギャンブル戦略にアクセスできます。賢い資金管理とその手法の微妙な違いを理解することが、その可能性を最大限に引き出し、ゲーム体験全体を豊かにする鍵となります。

 

バーネット法の欠点

勝敗が交互に続くと弱い

2倍配当のゲームでは勝率が50%であり、勝ちと負けが交互に起こることがあります。その際、損失額が徐々に増加するという点が、バーネット法の欠点として挙げられます。

勝敗が交互に続いた場合は、バーネット法を続けるよりも別のベッティング戦略への切り替えを検討することが賢明です。

利益の可能性が限られている

バーネット法は、主に損失を制限しつつ利益を生み出す防御的なベッティング戦略です。その結果、実際に得られる利益は比較的小さく、大きな収益を得るには長時間のゲームプレイが必要となってきます

また、2倍配当のゲームでは勝ちと負けの確率が50%ですが、バーネット法だけに頼ると連勝しない限り、大きな利益は期待できません。ゲームの流れによっては、利益が得られないままで終了することもあります。

予定されたベッティングパターン

バーネット法を実行するには、あらかじめ決められたパターンに従う必要があり、ゲームプレイ中に即興で調整したり変更したりできない場合があります。この厳格な構造は、常に変化するゲーム状況に適応した、よりダイナミックなベッティング戦略を求めるプレイヤーにとっては魅力的ではないかもしれません。バーネット法の利点と欠点をバランスよく考慮することは、このベッティング戦略をどの場面でどのように適用するかを知るためにも重要です。その複雑さと制限を理解することで、適切なゲーム状況で効果的に利用し、ギャンブル体験を最大限に楽しむことができるでしょう。

 

バーネット法の活用法

まず初めに、バーネット 法は勝率50%かつ2倍配当のカジノゲームにのみ適用可能です。これらの2倍配当のゲームには、ルーレット(赤/黒、ハイ/ロー、奇数/偶数)、ブラックジャック、バカラなどの人気カジノゲームが含まれます。ただし、バーネット法は3倍配当のゲームや非独立なイベントが絡むゲームでは効果が薄いことを理解しておくのが重要です。

1326法としても知られるバーネット法は、特定のパターンに従って行われます。勝利した場合、賭け金額は以下のような配列で増加します:100 → 300 → 200 → 600円。賭け金額が600円に達した時点で、ゲームは同額で継続され、さらなる増加はありません。一方、負けた場合はリセットされ、元の賭け金額に戻ります。

このプロセスはゲームプレイ全体を通して繰り返されます:

もしリスクを最小限に抑えたい場合は、100 → 300 → 200 → 600円という配列に従うことができます。しかし、より大きな利益を狙いたい場合は、賭け金額を倍増させたり(例:200 → 600 → 400 → 1200円)か、3倍にする(例:300 → 900 → 600 → 1800円)こともできます。

リスク許容度と利益目標に基づいて慎重にベッティング戦略を選択することで、バーネット法を個人の好みに合わせてカスタマイズし、ゲームプレイを強化することができます。

 

バーネット法/バーネット法を効果的に使用するヒント

バーネット法は特定のカジノゲームで比較的低リスクで着実な利益を積み重ねるアプローチを提供しますが、この戦略を最大限に活用するためにはいくつかの重要なヒントに従うことが不可欠です。

  1. 資金管理: バーネット法を使用する前に、そのセッションでの予算を設定してください。損失を含む一連の賭けを補うのに十分な資金を持っていることを確認してください。決められた予算に従い、損失を増やすような賭けを避けましょう。
  2. 適切なゲームを選択: バーネット法は、勝率が50%で2倍配当のカジノゲームで最も効果を発揮します。なかでも、ルーレットのように即座に結果が得られるゲームが一般的です。自分の好みに合ったゲームを選んで、この方法を適用できる機会を見つけましょう。
  3. ゲームの流れを理解する: ゲームの流れに細心の注意を払いましょう。勝ちと負けが交互に続くパターンに陥った場合には、他のベッティング戦略に切り替えることを検討しましょう。バーネット法は連勝に向いており、勝敗が交互に続くような場合は利益の減少につながる可能性があります。
  4. 忍耐力を持つ: バーネット法は、着実に利益を積み上げたい忍耐力のあるプレイヤーを対象に設計されています。短期間で大きな利益を得るという期待はしないようにしましょう。代わりに、長期戦略に焦点を当て、自己規律を保つことが重要です。
  5. 賭け金額の配列を試す: 標準的な配列¥100 → ¥300 →¥200→¥600ですが、リスク許容度と利益目標に基づいて賭け金額の配列は調整できます。賭け金額を2倍にする(¥200→¥600→¥400→¥1200)3倍にするか(¥300→¥900→¥600→¥1800)など、より積極的に賭けることができます。
  6. ゲームプレイを監視する: 賭けと結果を継続的に追跡しましょう。記録を保持することは、ゲームの進行を評価し、必要な調整を行うのに役立ちます。この記録は、戦略を時間と共に微調整するために非常に有効です。
  7. 止めるタイミングを知る:バーネット法は防御的な戦略ですが、場合によってはロスカットして他のベッティング戦略に切り替えるか、ギャンブルから一時的に離れるという選択をする方が賢明な場合もあります。自己の判断を信じ、損失を追いかけないようにしましょう。

これらのヒントに従うことで、バーネット法を効果的に活用し、自分の好みやリスク許容度に合わせて調整することができます。

 

こちらでバーネット法を使用してプレイできます

バーネット法を使ってカジノゲームを楽しむ準備はできていますか?リスクを最小限に抑えながら着実に利益を積み上げる機会があなたを待っています。さあ、ゲームを始めて、バーネット法の魅力を体験しましょう。

 

バーネット法の使用例|バカラ

バーネット法は特定のカジノゲームにおいて比較的低リスクかつ着実な利益を積み上げるアプローチを提供しますが、この戦略を最大限に活用するためにいくつかの重要なヒントに従うことが不可欠です。

資金管理: バーネット法を使用し始める前に、ギャンブルセッションのための予算を設定しましょう。潜在的な損失を含む一連のベットをカバーする資金があることを確認してください。損失を追いかけないよう、予め決めた予算に従いましょう。

適切なゲームの選択: 既に述べたように、バーネット法は勝率50%かつ2倍の配当が得られるカジノゲームにおいて最も効果的です。その中でも、即時結果が得られるルーレットは人気の選択肢です。自身の好みに合ったゲームを選択し、バーネット法を適用する機会を提供するゲームを選びましょう。

ゲームの流れを理解: ゲームの進行に注意を払いましょう。連続的な勝敗のパターンに陥った場合、別のベッティングシステムに切り替えることを検討することが賢明です。バーネット 法 は連続的な勝利に優れており、絶えず異なる結果が続くことは利益の減少につながる可能性があります。

忍耐: バーネット 法 は、ゆっくりと時間をかけて利益を積み上げることを望む慎重なプレイヤー向けに設計されています。急速で大幅な利益を期待しないようにしましょう。代わりに、長期的な戦略と自己規律に焦点を当てましょう。

ベットシーケンスの試行: 標準的なシーケンスは¥100 → ¥300 → ¥200 → ¥600ですが、リスク許容度や利益目標に応じてベットシーケンスをカスタマイズできます。ベットを大胆に増やすことも可能です(例:¥2 → ¥6 → ¥4 → ¥12または¥3 → ¥9 → ¥6 → ¥18)。

ゲームプレイのモニタリング: ベットと結果を継続的に追跡しましょう。記録を保持することで、進捗状況を評価し、必要な調整を行うのに役立ちます。戦略を時間と共に微調整する際に非常に有益です。

終了時の判断: バーネット 法 は防御的な戦略ですが、損失をカットし、別のシステムベッティング方法に切り替えたり、ギャンブルから一時休憩を取ったりするのが賢明な場合もあります。自己判断を信じ、損失を追いかけないようにしましょう。

これらの要点を考慮することで、カジノゲームでバーネット法を効果的に活用できるでしょう。適切な戦略と適応力を備えたプレイヤーは、長期的な利益を積み上げる可能性が高まります。

 

こちらでバーネット法を使用してプレイできます

バーネット法を使ったカジノゲームを楽しむ準備はできていますか?リスクを最小限に抑えながら着実に利益を積み上げる機会が待っています。さあ、ゲームを始めて、バーネット法の魅力を体験しましょう。

バーネット法の使用例|バカラ

以下はバーネット法をバカラに適用した場合のシミュレーションです。

155 ゲームプレイ中に55敗があった例を見てみましょう。

ゲーム回数 賭け金 勝ち/負け 配当 利益と損失
1 ¥100 x ¥0 -¥100
2 ¥100 x ¥0 -¥200
3 ¥100 o ¥200 -¥100
4 ¥100 o ¥600 ¥100
5 ¥100 o ¥400 ¥300
6 ¥100 o ¥1,200 ¥900
7 ¥100 o ¥1,200 ¥1,500
8 ¥100 x ¥0 ¥900
9 ¥100 x ¥0 ¥800
10 ¥100 x ¥0 ¥700

この例では、55という50%の勝率であるにもかかわらず、累積の利益は+700円になります。これは3回目から7回目までの5連勝により、相当な利益が得られたからです。したがって、8回目以降3連敗が起こっても利益は確保されます。

このように、バーネット法は連勝時に利益が拡大する特徴を持っており、一方で固定された100円の賭け金により連敗時でも利益を確保することができます。

 

第二のシミュレーション:勝ち負けが交互に続いた場合

勝ち負けが交互に続いた際の累積利益と損失の変化を観察しましょう。

ゲーム回数 賭け金 勝ち/負け 配当 利益と損失
1 ¥100 x ¥0 -¥100
2 ¥100 ¥200 -¥100
3 ¥300 x ¥0 -¥400
4 ¥100 ¥200 -¥300
5 ¥300 x ¥0 -¥600
6 ¥100 ¥200 -¥500
7 ¥300 x ¥0 -¥800
8 ¥100 ¥200 -¥700
9 ¥300 x ¥0 -¥1,000
10 ¥100 ¥200 -¥900

このように勝ち負けが交互に続く場合、負けるとベットは¥300になり、勝つと¥100になります。つまり、¥300を失って¥200の払戻しとなり、損失額が増加していきます。勝ち負けが交互に続くと、この戦略法では不利になりますので、ロスカットを行い、他のベッティング戦略を検討することをお勧めします。

 

比較:バーネット法とグッドマン法

バーネット法とグッドマン法は、いくつかの類似点を持ちながらも、独自の特徴を持つベッティング戦略です。グッドマン 法は、1235法としても知られており、バーネット 法とよく似ていますが、賭けの進行方法においてにわずかな違いがあります。バーネット法の場合、¥100 → ¥300 → ¥200 → ¥600の順序に従いますが、グッドマン法は¥100 → ¥200 → ¥300 → ¥500と賭け金額を変更します。

どちらのメソッドも低リスクで防御的なベッティング戦略であり、プレイヤーにゲームプレイ中の安心感を提供します。ただし、2つの間には根本的な違いがあります。バーネット法は連勝時に利益の可能性が高まる一方、グッドマン法では連勝によって損失を最小限に抑えられるのが得意です。

各戦略のニュアンスを理解することで、プレイヤーは自分のリスク許容度と希望する結果に最適な方法を選択できます。バーネット法とグッドマン法の両方について良く知ることで、プレイヤーはゲーム体験を向上させ、ベッティング戦略をより効果的にコントロールする可能性を解き放つことができます。

バーネット法とグッドマン法の違いは何ですか?

バーネット法とグッドマン法は2つの異なるシステムベッティング手法であり、いくつかの共通点を持っています。両者とも低リスクで守備的な戦略を重視していますが、ベッティングの進行に違いがあります。バーネット法は、¥100 → ¥300 → ¥200 → ¥600 の順序に従い、グッドマン法は¥100 → ¥200 → ¥300 → ¥500 のようにベットを変更します。さらに、バーネット法は連勝時により大きな利益を生み出す一方、グッドマン法は連続する勝敗時に損失を最小化する点で優れています。

バーネット法とグッドマン法はどんなカジノゲームで使えますか?

バーネット法とグッドマン法は、勝率が50%で2倍の配当があるカジノゲームに適しています。例として、ルーレット(赤/黒、ハイ/ロー、奇数/偶数)、ブラックジャック、バカラなどが挙げられます。ただし、トリプル配当のあるゲームや非独立イベントを含むゲームでは、これらの手法が望む結果を得ることが難しいことを理解することが重要です。

どの手法を選ぶべきですか?

バーネット法とグッドマン法の選択は、リスク許容度と利益目標によって異なります。連勝時により高い利益を得たい場合は、バーネット法が適しているかもしれません。一方、連続する勝敗時に損失を最小限に抑えたい場合は、グッドマン法が選択肢として向いています。それぞれの手法の微妙な違いを理解し、自分のゲームプレイの好みを分析してから判断することが重要です。

バーネット法とグッドマン法を使う際にリスクはありますか?

どんなベッティング戦略にもリスクが伴います。バーネット法とグッドマン法は、全体的なリスクを減らし、構造化されたギャンブルのアプローチを提供することを目指していますが、成功を保証する方法はありません。責任を持ってギャンブルし、予算を設定し、失っても差し支えのない額を賭けるように心掛けましょう。これらの手法の潜在的なリスクと制約を理解することで、より情報を得た意思決定ができ、よりコントロールされたゲーム体験を楽しむことができます。

バーネット法とグッドマン法はオンラインカジノでも使えますか?

はい、バーネット法とグッドマン法は、勝率が50%で2倍の配当があるオンラインカジノでも利用可能です。多くのオンラインカジノでは、バーネット法とグッドマン法を含む様々なシステムベッティング手法をプレイヤーが使用することができます。ただし、オンラインカジノの利用規約を確認し、ベッティングのルールと規定に適合していることを確認することをお勧めします。