グッドマン法とは?

利点と欠点、および使用方法の詳しい説明

グッドマン法、またはグッドマンメソッドは、シンプルで低リスクなギャンブル戦略として広く知られています。明快なルールにより、プレイヤーは勝利ごとに小さな利益を得ることができ、長期的なゲームの楽しみを求める人に最適です

グッドマン法の主な利点の一つは、その低リスク性です。100円などの固定された金額を一貫して賭けることで、プレイヤーは損失が急速に拡大するのを防ぐことができます。これにより、よりハイリスクなベッティング戦略に伴う精神的なプレッシャーが軽減され、安心感が生まれます。また、グッドマンメソッドは初心者にも優しい方法であり、複雑な計算は必要なく、連続した賭けパターンを簡単に理解することができます。

しかし、グッドマンメソッドには制限もあります。勝ち負けが頻繁に交互に起こる場合には損失が生じることがあり、積極的な他の戦略と比較して大きな利益を蓄積するには時間がかかることが一般的です。しかし、グッドマン法の利点と欠点を理解することで、プレイヤーはベッティング戦略として使用する際により良い判断を下すことができます。

 

グッドマンメソッドの利点:

利点1リスクの軽減 グッドマンメソッドは、一貫して固定金額を賭ける保守的なアプローチを採用しており、大幅な損失のリスクを最小限に抑えます。負けた際にも賭け金額は変わらず、賭け金が急速に膨らむことはありません。この特徴により安心感が生まれ、プレイヤーは効果的に資金を管理することができます

利点2バランスのとれた勝敗での収益性 数学的に勝利と負けの確率が等しいダブルペイアウトのゲームでは、グッドマンメソッドが有利です。序盤の連勝と後半の連敗を活かして利益を生み出すので、たとえ序盤の連勝後に負けが続いたとしても、収益性を維持することができます。

利点3初心者にも優しいアプローチ グッドマンメソッドは、そのシンプルさと使いやすさから初心者にも適しています。100¥200¥300¥500という、決まった賭け順序により、初心者でも戦略をすぐに理解できます。また、最小¥500からのような小さなベットにも対応しており、資金が限られている人や慎重なゲームプレイを好む人にでも使用しやすくなっています。

利点4心理的な快適さ 他のハイリスクな戦略と比べて、グッドマンメソッドを採用した場合、プレーヤーは心理的なプレッシャーを軽減することができます。リスクが低くなり、一定の賭け金を維持できるためプレイヤーはよりリラックスした楽しいギャンブル体験を得られるだけでなく、損失が大きくなるという不安も少ないため、戦略的な決断をすることができます。

利点5長期的な楽しみ グッドマンメソッドは、ゲームを長期的に楽しみたいという人々に特に適しています。一貫した利益と制御された損失により、プレーヤーは急速な資金の獲得を求める必要なく、ゲームを楽しむことができます。

 

グッドマンメソッドのデメリット:

デメリット1:勝敗が交互に入れ替わる場合の損

  • グッドマンメソッドでは、勝敗が頻繁に交互に入れ替わる場合、徐々に損失が増加する可能性があります。倍率が2倍のゲームでは勝つ確率が50%となるため、勝ちと負けが交互に続く可能性があり、そうした状況ではマーチンゲール法などの他のベッティング戦略を検討することが適切です。

デメリット2:時間のかかる利益の蓄積

  • グッドマン法の防御的な性質から、利益を蓄積するまでには相当な時間を要する場合があります。賭け金の最大額が500円に制限されているため、プレイヤーは多くの努力を投入し、長時間のゲームプレイに従事する必要があります。この特性から、迅速な利益を求める人や短期間での利益の最大化を目指す人にはあまり適していません。

デメリット3限定的な利益

  • グッドマンメソッドの保守的な性格から、大きな利益を得る可能性が限られる場合があります。小さな利益を着実に積み重ねることはできますが、より攻撃的な他のベッティング戦略に比べると大きな利益を得ることは難しいかもしれません。これは、大きな配当を求める人や短期間での大きな勝利を目指す人にとっては魅力に欠けるかもしれません。

デメリット4:連敗に対する脆弱性

  • グッドマンメソッドは拡大する損失を防ぐために一定の保護力を発揮しますが、連敗には依然として影響を受けやすいですプレイヤーが長期にわたって一連の損失を経験した場合、累積的な影響があり、全体的な資金の損失につながる可能性もあります。固定された賭けの手順はある程度のリスクを軽減しますが、長期間にわたる負けの結果から免れることを保証するものではありません

デメリット5:特定のゲームタイプへの依存

  • グッドマンメソッドは、ルーレット(赤/黒、奇数/偶数、高/低)、ブラックジャック、バカラなどの倍率が2倍のカジノゲームに適用される場合に最も効果を発揮しますその反面、ポーカーやビデオスロットなどの異なった配当構造を提供している他のゲームにはあまり向いていませんグッドマンメソッドの適用範囲外となるゲームに参加する場合、プレイヤーは他の戦略を試す必要があります。

 

グッドマン法

グッドマン法、または1235法とも呼ばれるこの方法は、ギャンブラーの間で広く使用されるベッティング戦略です。その名前が示すように、この方法では勝利した場合に賭金額を段階的に、100円、200円、300円、500円と増やしていきます。500円の賭け金に到達した後は、勝ちが続く限り500円を賭け続けますが、賭け金をさらに増やすことはありません

しかし、一度負けた場合、賭け金は100円に戻り、サイクルが再開されます。グッドマン法では決まった勝利ポインや停止ポイントはないため、プレイヤーは好きな時に賭けを終了できるという柔軟性があります

グッドマン法の利点の一つは、そのシンプルさです。複雑な計算や戦略は必要とせず、あらゆる経験レベルのギャンブラーが利用できるようになっています。

グッドマン法は、2倍配当を提供するカジノゲームに最も効果を発揮します。赤/黒、奇数/偶数、ハイ/ローなどのルーレットや、ブラックジャック、バカラなどが該当します。ただし、ポーカーやビデオスロットなどの配当構造が異なるゲームには適用できません。グッドマン法を成功させるためには、具体的に適しているゲームタイプを理解することが重要です。

 

グッドマン法の使用例 | ブラックジャック

以下は、日本円を使用したブラックジャックにおけるグッドマン法の利用例です

シミュレーション1: 5回の勝利と5回の負け

5回の勝利と5回の負けが発生した場合考えてみましょう

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益
1ゲーム目 ¥100 x ¥0 -¥100
2ゲーム目 ¥100 x ¥0 -¥200
3ゲーム目 ¥100 ¥200 ¥0
4ゲーム目 ¥200 ¥400 ¥200
5ゲーム目 ¥300 ¥600 ¥500
6ゲーム目 ¥500 ¥1,000 ¥1,000
7ゲーム目 ¥500 ¥0 ¥1,000
8ゲーム目 ¥500 x ¥0 ¥500
9ゲーム目 ¥100 x ¥0 ¥400
10ゲーム目 ¥100 x ¥0 ¥300

この例では、ゲーム中に5回の勝利と5回の敗北があり、勝率は50%です。しかし、グッドマン法を採用することで、結果的に利益を生み出すことができました。これは、3回目から7回目までの連続勝利によって利益を積み上げることができたからです。したがって、8回目のゲーム以降に3連敗を経験しても、最終的には利益が出ています

グッドマン法の注目すべき利点の一つは、勝利と負けの数が同じであっても、プレイヤーが利益を生み出すことができるというです。

 

シミュレーション2: 勝敗が交互に連続した場合

さて、グッドマン法を用いたプレイで、勝敗が交互に繰り返され際の累積の利益と損失の変動を見てみましょう

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益
1ゲーム目 ¥100 x ¥0 -¥100
2ゲーム目 ¥100 ¥200 ¥0
3ゲーム目 ¥200 x ¥0 -¥200
4ゲーム目 ¥100 ¥200 -¥100
5ゲーム目 ¥200 x ¥0 -¥300
6ゲーム目 ¥100 ¥200 -¥200
7ゲーム目 ¥200 x ¥0 -¥400
8ゲーム目 ¥100 ¥200 -¥300
9ゲーム目 ¥200 x ¥0 -¥500
10ゲーム目 ¥100 ¥200 -¥400

このシナリオでは、勝利時には賭け金が¥100負けの時には¥200となります。したがって、勝利時に¥200の配当があっても、損失を回復するには十分ではありません。その結果、ゲームが進行するほど全体的に損失が大きくなります

グッドマン法は、一般的に勝利と負けのバランスが取れている場合に有効ですが、勝敗が連続して交互に続くパターンでは不利な状況になることがこのシミュレーションで示されています。

グッドマン法を使って収益を増やすにはどうすればいいですか?

もし大きな利益を望むのであれば、賭け金額を倍にすることができます。 通常、グッドマン法では賭け金額が1235と増えていきますが、24610いうように賭け金を増やすことにより、通常のグッドマン法よりも速く収益を得ることができます。 また、リスクを冒す覚悟があるのであれば、賭け金額を3倍以上にすることもできます

 

 

グッドマン法はカジノで利用できますか?

一部の実店舗カジノではグッドマン法を含むベッティング戦略を禁止している場合もありますが、ほとんどのカジノでは使用することができます。また、オンラインカジノではベッティング戦略に関する特定の規則は存在しないため、問題なく利用することができます

 

 

グッドマン法を使用する際、損切りに最適なタイミングはいつですか?

グッドマン法では大きな損失はまれにしか発生しません。そのため、他の戦略と比較してストップロスの設定は厳しくする必要がありません。しかし、勝敗が交互に続くパターンやゲーム序盤での連敗など、ゲームの流れが良くない場合は、グッドマン法の使用を中止し、別の戦略に切り替える方が良いでしょう

 

 

グッドマン法はどのような人におすすめですか?

グッドマン法は、冒険をせずに利益を着実に積み上げたいという人におすすめです。また、賭け金が低額からスタートするので、長い時間かけてゲームを楽しみたいという人にも適しています。一方で、短期間で大きな利益を得たい場合には、グッドマン法は最適な選択肢ではありません

 

 

グッドマン法に適した他のゲームの種類はありますか?

グッドマン法は、ルーレット(赤/黒、奇数/偶数、高/低)、ブラックジャック、バカラなどのダブルペイアウトのカジノゲームにおいて最も効果的です。これらのゲームは、この戦略の原則に合致し、その実施に最適な機会を提供します。しかし、ポーカーやビデオスロットなど、異なるペイアウト構造を持つゲームにはあまり適していないかもしれません。そのような場合は、代わりの戦略を探索することが推奨されます